デジタルの評判!

【機能性】 色々細かく改良されています。 発色も!基本的に綺麗で鮮やかですが!オートのホワントバランスだと!条件によって寒色(場合によっては真っ青)に写ります。【デザイン】 洗練されました。

1月18日 オススメ商品!

2017年01月18日 ランキング上位商品↑

デジタル《新品》 SONY(ソニー) α7IIボディ ILCE-7M2 [ ミラーレス一眼カメラ | デジタル一眼カメラ | デジタルカメラ ]【下取交換なら¥10,0

詳しくはこちら
 b y 楽 天

。強化されたマウントや!ボタン位置の変更!握り易いグリップや!更に綺麗になった背面液晶など。詳しい片ほど分かって頂けるでしょう。シンプルなデザインなので、飽きのこない印象です。 ほとんど!他社の一眼と同じ操作方法ですが!MFの方法がボディー側での切り替えとなっており!従来のレンズ側で切り替えの方が簡単だろうと思います。 各社のエントリー一眼と!そう変わりないです。と感じます。 コストカットするにしても!こんなセコイ方法を取らなくても(汗。手振れ補正機能があるため、撮影の幅も広がり、気に入っています。α7のアンバランスなデザインが好きでしたが、α7の操作性を良くすると、α7IIのようなデザインになるのだと、使ってみたら実感します。 今まで予備バッテリーを買った事なかったのですが、流石にこれには必要と感じます。【携帯性】 α7よりは100グラム少し増量してますが、レンズ交換式フルサイズ機でこのコンパクトさと軽量さは凄いです。 長さ約40センチ、コンセントの横にカメラ置いとかないと、配線短くて届かないのです。このへんは調整して撮った方が良いかと。【携帯性】軽く、小さくが本当に大きなポイントです。可愛いストラップも選べるいいなと思います。【デザイン】シボ加工の感触が良く、初期型のプロトタイプ感がなくなっています(初期型も好きですが)。【その他】 チャージャーではなく!本体充電なのが!そもそも残念なのですが!それと同時に!充電用の配線の短さに困りました(汗。【機能性】カスタムボタンが増えたため!操作性もアップしました。 ともあれ、今まで、一般的なコンデジから、一型センサー機、各メーカーのAPS-C一眼やフルサイズ等を使ってみましたが、α7II程、満足感の高いカメラはありませんでした。 しかし!やっぱり「5軸手振れ補正」でしょう。【使いやすさ】グリップが初期型よりも握りやすく!シャッターボタンもより押しやすくなっています。とても扱いやすいフルサイズ機であり、バッグの選択肢も広がるカメラです。【画質】画質はすばらしいです。検品、梱包も問題なく、とても感謝しています。【バッテリー】 全然持ちません。【バッテリー】ウィークポイントでありますが!バッテリーも小さいため!予備を持てば解決します。決して安い買い物ではなかったのですが、その値段を満足感が上回りました。【その他】マップカメラ様の店員の方々の対応がすばらしく、発送もとても迅速でした。 α7も持ちませんでしたが!それに輪をかけて持ちません。アプリも豊富であり!カスタマイズできるところも魅力です。安く買えて良かったです。 単焦点付けてますが、5軸手振れ補正の恩恵は絶大。【使いやすさ】 上記でも書きましたが!とても操作し易く改良されてます。この強力な機能のお陰で、どれだけ撮影の縛りを受けないで済むか。シャッタースピードをかせぐ云々考える必要無く!単焦点で手振れを気にせず!気軽に凄まじい解像感のある写真が撮れます。写真のデータサイズも扱いやすいので、気楽に撮ることができるのもポイントが高いです。α7Rを下取りにしました!36Mは私の用途ではオーバースペックなので悩んでいましたが!商品は説明の必要はないと思いますが!やはり手ぶれ補正は便利ですね!個人的には!手ぶれ補正否定派なのですが!ファインダー拡大時に手ぶれ補正が機能することで購入を決めましたが!正解でした!マニュアル派なので!ピント合わせが格段にやりやすくなりました。 思いつく限り、α7IIの弱点はバッテリーに関する事だけです。α7RM2と比べると確かに違いがわかりますが!それでも解像度に優れています。【画質】 画質に関しては、レンズにもよりますが、基本的にはムチャクチャ良いです。